トイレの理想!高過ぎずに

トイレのリフォームで憧れていたタンクレス一体型トイレ。見た目もスマートで凄く高級感に溢れるイメージ。よく外出先のホテルや飲食店なんかには有りがちですが、自宅には中々。
そんな一体型のトイレに憧れて少し割高ですが我が家に。外出先にもあるようなタンクレスで、目の前に立つと自動に開閉をしてくれる自動開閉付き、立ち上がり一定の時間が立つと一人でに水を流してくれる自動洗浄。少し前テレビなどで話題になった有名メーカーの水で便器を洗浄してくれるという機能まで、自宅には早々ないような品を用意しました。
が、実際に使い暫くしてくると実は家庭には「要らなかったね」と家族の話題になりました。使い始めリフォーム仕立ては珍しくてキレイなどで、勿論自慢したくなるほどでしたが、実際に毎日使うと便利には便利なのですが、家庭のトイレにここまで求める必要は無かったみたいです(笑)
理想が高くなりすぎて、予算もオーバーしていましたし…、家庭のトイレにはほどほどの理想でリフォームすべきだと考え直しました。

トイレリフォーム値段

初めてのドライブ

私の夫がまだ彼氏だった頃、車が苦手だったんだけど車好きな彼氏に付き合い初めてのドライブ。

車はスカイラインって有名なやつらしいけど、車が得意じゃない私にはペッタンコな車って認識しかない。

スピードは出さず安全運転を心掛ける事を約束して、海まで行きました。

帰る頃には車が苦手なんて忘れてしまう位楽しかった。

なのに、彼氏が帰宅した時に助手席の窓ガラスが落ちて割れたらしく、そんなに嫌だったのかと思わぬ勘違い。

しばらくはドライブしてなかったんだけど、彼氏のプロポーズをうけた時に最後のドライブをしました。

何故最後かと言うと、エンジンが止まって動かなくなってしまったんです。

その日はちょっと良いレストランでディナーをしながらプロポーズの予定だったらしいんだけど、動かなくなった車を引っ張ってもらうのを眺めつつ「結婚して下さい」と言われました。

後から、車が苦手な私と結婚しようと思った時に車が身をひいたんだなって言ってましたけどね。

不動車の買い取り

偶然に目撃した不倫の証拠

私が不倫の証拠を発見したのは、とてもありきたりですが携帯のメールでした。
といっても、私はそれまで不倫なんて疑ったこともなかったし、証拠を探そうとしていたわけでもありませんでした。
本当に偶然だったのです。

まだ子供が2歳になるかならないかくらいの時、子供はよく私や主人の携帯を勝手にいじっていました。
私たちも特に気にすることなく、子供の好きにさせてました。
そんなある日、主人がお風呂に入っている間にまた子供が携帯をいじっていたので「こらこら」と取り上げようとしたら、そこにあったのが主人が他の女にあてたメールでした。
会おうという内容と、こともあろうに最近私と夜の生活がなくてさみしいというようなことを書いていました。

不倫の証拠

ショックと怒りでお風呂上がりの主人を問い詰めると、最初はうろたえていましたが、そのうちに平謝りしてきました。
それ一度だけのことだから、それ以来は一回も会ってないから、と。
確かにそれ以降その女とメールをやりとりした形跡もなく、そんなに家を留守にしていたこともなかったので、とりあえずは許すことにしました。
本当に偶然見てしまった不倫の証拠でしたが、どうせなら知りたくなかったなー、というのが本音です。

かにみそを食べていた父

私の父は10年ほど前に他界しました。生前は入退院を3年ほど繰り返しているような有様でした。
でも元気なころはお正月にはすき焼きをやったり、カニを買って食べた記憶がありました。
うちには母親が離婚していませんでしたが、父親がなんでもまめにやる人でしたのでそれほど不自由に感じたことは
ありませんでした。子供のころはカニを買ってきてそのカニの身を食べたあとにカニみそが残っていましたが
父はそれが実は1番美味しいのだといって食べていました。記憶ではそこにお酒入れて温めていたような気がしました。
でも私はかにみそを見ただけであまり美味しそうだとは思っていませんでしたので、かにみそは結局は食べたことがありませんでした。父はタラバガニが取れる山陰の出身なので、カニについてはよく知識があったのでした。
でもかにみそを「だまされたと思って食べてみたらいいよ。美味しいから」と父にしつこく言われて泣いたこともありましたね。

私とパワーストーン

私は一時期パワーストーンにハマっていました。本を購入したり、ブログやお店のサイトを見たりしていたのです。実際に購入もしました。それはとある有名なお店です。そのお店は店頭でも販売されているのですが一番人気はオーダーメイドのものなのです。完全予約制でなかなか予約を取るのは困難として有名なのです。

 

私は初めてで挑戦して、予約を取ることができました。店頭に行って、作ってもらいたかったのですが遠方なので通販でお願いしました。自分の希望を書き、パワーストーンが届くのを待ちました。しばらくして届いたのですが開けてみてすごく驚きました。とても石が綺麗なのです。私は以前、違うところで購入したことがあるのですが明らかに品質が違うのです。きらきら輝いていて、オーラがある感じがするのです。すごく気に入って、毎日きちんと付けていました。ですが何も起きないのです。よく願いが叶ったとか聞いていたのに…。

 

ですのでそちらのお店が出しているオーダーメイドのパワーストーンの本を読みました。そしたら、石に依存しないことと書かれていました。そうなんです、パワーストーンの力に頼りきって、自分が何もしなければ意味がないのです。パワーストーンは魔法の石ではないことがしっかりと記載されていました。確かにそうです。出会いが欲しければ行動しなければいけないのです。待っているだけでは出会いは来ません。ですので私はパワーストーンを外してしまいました。もっときちんと自分の足で立てるようになったらまた身につけたいと考えています。

厄除けの効果、いかに。

たとえば厄年。何かと体の不調やら不慮の事故に見舞われると「厄年だから」と発言しがちな人、身の回りに結構いるのではないでしょうか。というか、まぁそれは私自身でもあります。

前厄の時にはあまり認識していなかったのに、本厄になりちょこちょこ不具合が発生、後厄でどばーっと災いが降り掛かる。振り返ると我が厄年はそんな感じでした。

で、この話をすると「うんうん」とうなずく人と「厄年なんて関係ない」と反論する人の2派にだいたい分かれます。結局、各々がそういった経験をしたかしないかで反応も変わる訳なのですね。

同様に「厄除け」の効果においても然り。信じている人信じてない人いろいろです。そして、有名な神社で厄除けをしても、病気や怪我に見舞われることもある(私のこと)。

でも、どこかには厄除けでそれまでの災難がピタリと収まる人だっているはずなのです。それでは、厄除け効果を心底信じたかどうかなのでは?というお話になったり、もう延々と続いてしまいそうです。

実際、厄を祓ってしまうのはまずいと言って役者は厄除けをしないとか、大人数で厄除けをすると他人の厄をもらってしまうとか、厄除けのお話は多岐に渡るものです。それだけ関心の高いことでもあるのでしょう。

やはり「厄」を気にする人はこの先もなくならないのでしょう。たとえば「厄年は先人からの忠告」と考えると良さそうです。厄年に何か起きるかは個人差があるけれど、何か起きるかもしれないと用心しておいてもいいんじゃない?という、軽めのスタンスで。

昇進したり転職したり、結婚したり子供を産んだり、ダイナミックに人生が動いている私たち、何か起きたって何も不思議はない。良いことも悪いことも。

もし災難が降り掛かったら、なんで私はこんな目に合うの?と恨めしく思うより「厄のせい」にして「厄除け」で解決する。事態を重く受け止めなくて済む方法なのではないでしょうか。

じつは、これが一番の「厄除けの効果」なのかもしれません。
厄はこわくない。厄除けグッズがあるから大丈夫。
とまぁこんな感じにポジティブに生きていくのが賢いのかもしれませんね。

上手にちょこちょこキャッシングしています。

私がキャッシングをするときは、まとめて大きな金額をすることはないのですが、1万円~3万円位の少額をちょこちょこします。
小額でのキャッシングの利用目的は、ほとんどが娯楽です。
手持ちのお金が少なく遊びに行きたい時に結構手軽に利用します。
パチンコしたいけれどお金がないときや、飲みに行きたいけれどお金がないときなどが主な理由です。
キャッシングも借りすぎてはいけないと思いますが、小額で少しお金が足りないときに利用しているので借りすぎて困ったことは今のところありません。
たまの休みお金がないことが理由で、家でただ無意味に時間を過ごすよりは上手に利用して休日を楽しむことのほうがはるかに有意義だと思います。
お金は稼げばいいのですが、時間には限りがあるのでなるべく楽しみたいです。
キャッシングで借りた10万円のお金は、必ず給料が入ったらすぐ返すことにしています。
借りたお金は借りた日のよく月には必ず返すことは自分のルールににしています。